モーニングスターアワード2014

Fund of the Year 2014トップページフレキシブル・アロケーション型部門クルーズコントロール > クルーズコントロール 受賞ファンドインタビュー

受賞ファンドインタビュー

フレキシブル・アロケーション型 部門(対象ファンド:98本)

優秀ファンド賞
モーニングスター アワード2014

クルーズコントロール
追加型投信/内外/資産複合

設定・運用:DIAMアセットマネジメント株式会社

2年連続で優秀ファンド賞を受賞した『クルーズコントロール』は、日本・先進国・新興国の株式・債券で構成する「6資産」と「現金等※」の投資比率を、市場の変化に応じて機動的に調整する。
資産の上昇トレンドを捉えながら、相場下落時には値下がりを一定水準にコントロールする手法は、NISA(少額投資非課税制度)で長期的な資産形成を目指す人の「コア(中核)資産」候補といえるだろう。DIAMアセットマネジメントの運用ソリューション本部長である星野元伸氏に、同ファンドの特徴を聞いた。

※短期国債およびコール・ローンなどの短期金融資産等をあらわします。

資産の上昇トレンドを捉え、「下値」は一定水準にコントロール

値下がりを「下値目安値*」までにコントロール
近年はグローバル化の影響で各国金融市場の連動性が高まったこともあり、例えば、ある国の株式市場が下落すると、他国の資産も連動して下がる傾向がみられます。株式や債券といったリスク資産のみの分散では、中長期にわたる収益の積み上げが難しいのが現状です。

そこで『クルーズコントロール』は、日本・先進国・新興国の株式・債券で構成(マザーファンドを通じて投資)する「6資産」と「現金等※」の投資比率を、市場の変化に応じて機動的に調整します。相場の上昇局面では「6資産」(6マザーファンド)合計の投資比率である「合計資産比率」(グラフ参照)を高め、リターンの獲得を目指す一方、相場の下落局面では「現金等」の比率を高め基準価額の大きな下落を防ぐことを目指します。資産の上昇トレンドを捉えながら、相場下落時には値下がりを「下値目安値*」までにすることを目標にコントロールするのが最大の特徴です。

当ファンドは基準価額の下限の目標として「下値目安値*」を設定しています。1、4、7、10月の年4回の改定日にその日の基準価額からマイナス2%の水準を「下値目安値*」として定め、そこから3カ月間は、ファンドの基準価額がこの「下値目安値*」を下回らないことを目標に運用します。

2014年を振り返ると、10月の日銀の追加金融緩和を受けて現金等の比率を10月末の約16%から11月末には3%以下まで引き下げて6資産の投資比率を高めたことで、株式や米ドルの上昇を捉えました。12月には原油価格の急落で新興国の株式などが売られましたが、当ファンドは現金等の比率を引き上げたことなどから同月はプラスのリターンを獲得しました。

DIAMアセットマネジメント株式会社
運用ソリューション本部長
兼 運用ソリューション本部
クオンツ運用グループ グループリーダー
星野 元伸 氏


年金運用でも評価されている戦略をNISAやコア資産に
『クルーズコントロール』は運用開始から約2年ですが、6資産と現金等の比率を機動的に変更しながら収益の獲得を目指す運用戦略自体は、年金基金や機関投資家向けに2001年から提供しており、運用残高は1兆円を突破しています(2015年1月末時点)。このように年金基金などから評価されている戦略と同じ運用戦略を採用しているのが『クルーズコントロール』なのです。

当ファンドは、個人のお客さまのいわば「コア(中核)資産」として長期的な資産形成にご活用いただけると考えています。NISAなどを通じてこれから投資を始める方も、すでに運用経験が豊富な方も、長期投資にご活用いただきたいと思います。

*下値目安値は基準価額がこれを下回らないように目標とされる水準であり、基準価額が下値目安値を下回らないことを委託会社が保証等するものではありません。

(取材・作成:モーニングスター)

基準価額、下値目安値および合計資産比率の推移(期間:2012年10月26日〜2014年12月30日)

※1 設定来の分配金はございません。
※2 基準価額は信託報酬控除後です。なお、信託報酬率は「お客様にご負担いただく手数料等について」をご覧ください。
※3 上記は過去の実績であり、将来の運用成果等をお約束するものではありません。
※4 下値目安値の水準は委託会社の判断により今後変更する場合があります。
※5 資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。また、将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。
(出所:D I A Mアセットマネジメント株式会社)

選定ポイント

2014年のトータルリターン(税引前分配金再投資)は7.59%だった。同期間、フレキシブル・アロケーション型部門内のリスク・バジェッティング運用を行うファンドの中では平均以上の運用成績となった。同期間の標準偏差は6.79%と同部門平均を0.33%下回り、相対的なリスクは低く抑えられている。2014年の月間では11カ月で流入超過と、継続的な資金流入があり、年間で63億円の流入超過となった。

モーニングスターによる評価は、過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果などを保証するものではありません。