MORNINGSTAR

FUND OF THE YEAR 2016 MORNINGSTAR AWARD

バランス(成長)型 部門

  • TOP>
  • バランス(成長)型 部門>
  • フィデリティ・ターゲット・デート・ファンド (アクティブ) 2040『 愛称:将来設計(アクティブ)』
優秀ファンド賞

優秀ファンド賞

フィデリティ・ターゲット・デート・ファンド (アクティブ) 2040『 愛称:将来設計(アクティブ)』

評価基準日:2017年12月31日 バランス(成長)型 部門(対象ファンド:808本)
モーニングスター・類似ファンド分類:ターゲットイヤー2031〜 ベンチマーク:なし

投資方針

 当ファンドは、複数のアクティブファンド(2017年12月末時点で国内株式1本、新興国も含めた海外株式12本、海外債券1本(為替ヘッジあり)、全てフィデリティグループで運用)への投資を通じて分散投資を行う。資産配分比率は運用開始時点では80%を超える株式比率を、2040年(ターゲットイヤー)に向けて、残存期間が短くなるに従い減らし、リスクを低下させていく。ターゲットイヤー到達時に国内短期金融商品等に全ての資産の切り替えを行う。年1回(9月25日)決算。

選定ポイント

2017年のトータルリターンは「2040年」ではトップ

 2017年のトータルリターンは15.64%と、類似ファンド分類平均を2.94%上回った。類似ファンド分類内の全てのファンドが5%以上のリターンを確保する中、株式組み入れ比率を低めにしていたファンド、特に国内債券に対する投資比率を高めに設定していたファンドなどに対して優位となり、上位17%(42本中第7位)となった。また、1年以上の運用実績を有し、かつ2040年をターゲットイヤーとするファンド14本の中では第1位となった。
 2017年のシャープレシオは4.79と、上位15%(42本中第6位)となっており、相対的な運用の効率性でも優れている。

1年トータルリターンは対分類平均で全勝、新興国株式の組み入れで早めにリスクを取る

 2017年12月末までの過去1年間の1年トータルリターンの推移を見ると、全ての月で類似ファンド分類平均を上回り、相対的に優位なパフォーマンスを継続している。特に2017年6月以降は全ての月で1年トータルリターンが類似ファンド分類平均を2%以上安定的に上回っている。
 2017年12月末時点におけるポートフォリオを、2040年をターゲットイヤーとする純資産額上位のファンドと比較をすると、当ファンドは国内債券の組み入れを行っていない一方で、新興国株式を他のファンドよりも高めの10%強の比率で組み入れており、早い段階で積極的にリスクを取る資産配分となっている。

独自の資産配分モデルに注目、欧州籍ファンドの成績も優れる

 当ファンドの運用の鍵を握るのが、目標までの残り年数に合わせて基本資産配分比率を見直す独自のモデル(グライドパス)の構築方法にある。基本資産配分の決定はフィデリティグループのFILインベストメンツ・インターナショル(英国)が行う。最終結果を重視しながらリターンの最大化を図るために、ターゲットイヤーが近づくにつれ株式から債券に資産クラスをシフトするスピードを、最初は緩やかに、ターゲットイヤーに近づくにつれて加速度的に債券にシフトする独自の資産配分モデルを活用している。株式比率を段階的に引き下げる手法と比較してよりリスクを適切にコントロールできる特徴となっており、グループの豊富な運用実績等を背景に構築している。
 グループ全体は2017年12月末現在、外国籍のグローバルカテゴリーが「Target Date」に属するファンドの運用を89本(最も古いシェアクラス)行う。その内ルクセンブルグ籍と英国籍のファンドでかつモーニングスターレーティングが付与されているファンド12本のレーティングの平均は3.5となっており、欧州籍のファンドも優れた実績を有している。

主催
MORNINGSTAR

過去のFund of the Year 受賞ファンド

当資料は、モーニングスターが作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。

Morningstar Award “Fund of the Year 2017”は過去の情報に基づくものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、モーニングスターが信頼できると判断したデータにより評価しましたが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar,Inc.に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。

当賞は、国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、各部門別において総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。投資信託は、販売会社がお申込みの取扱いを行い、委託会社が運用を行います。投資信託は株式や債券など、価格変動性のある有価証券に投資するため、元本割れの恐れや価格変動の要因となる様々なリスクがあるほか、購入・運用・解約時に所定の手数料や費用などがかかります。これらのリスクや手数料・費用は各投資信託によって異なりますので、商品の購入をご検討の際は当該商品の投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面等(目論見書補完書面を含む)を十分にご理解し、ご自身の判断でご購入ください。

PAGE TOP