fund_beginer fund_search fund_look

アナリストの視点(ファンド)

<特別対談レポート>
エンジェルジャパン 「宇佐美 博高」氏が運用助言するファンド
〜中小型成長株ファンド−ネクストジャパンー(愛称) jnext〜

2005-01-11

 1999年と2001年の2回、 弊社ファンド・オブ・ザ・イヤーを受賞 した エンジェルジャパンの「宇佐美 博高」氏と、 野村総合研究所で投資調査部長やグローバル・チーフ・ストラテジストなどを経て、現在ワールド日栄フロンティア証券専務取締役の中尾 征雄氏と弊社取締役調査分析部部長の花村との対談が実現しましたのでご紹介いたします。

潜在成長性の高い中小型株に投資


花村: 本日はお忙しいところ、お時間を頂戴しましてありがとうございます。早速ですが、御社(ワールド日栄フロンティア証券)が今年1月に募集する「ネクストジャパン」についてお聞かせください。
中尾氏: 中小型株運用で実績のあるエンジェルジャパン・アセットマネジメントが運用助言を行うファンドです。上場から数年経ち、現時点では何らかの理由により株価が割安であるものの、将来への成長機会を持つ企業約50社に投資します。
現在、景気回復基調の中にあると判断されますので、2005年は株価変動の大きな中小型株の方がレバレッジを活かした効果が期待できます。そういった意味では1月の設定はベストだと思っています。(図表1、図表2)

(図表1) ネクストジャパンの投資対象(イメージ図)

(図表2) モーニングスターインデックス(単純平均)による
国内株式型ファンドのパフォーマンス比較
(2001年12月末〜2004年12月末)
* 2001年12月末=100として指数化
【モーニングスターインデックス】
 モーニングスターが独自に算出している追加型株式投資信託の指数です。分割・分配金を考慮した各ファンドの日々リターンを単純平均して指数化しています。モーニングスターの分類に基づいて、主に大型株に投資をしているファンドと、主に小型株に投資をしているファンドについても、リターンを単純平均してインデックスを算出しています。

継続的にチームで行う徹底した企業調査


花村: このファンドは大々的にエンジェルジャパン・アセットマネジメントが運用助言していると謳っていらっしゃいますが、まずはエンジェルジャパン・アセットマネジメントについてお聞かせください。
宇佐美氏:
宇佐美 博高氏 >>
中小型株運用に特化した運用助言をする会社です。2002年に立ち上げ、約3年が経過しました。現在、助言資産は約1,500億円、公募では6本のファンドの運用助言をしています。どのファンドもベンチマークを持たず、徹底的な企業調査を行って割安な成長株に投資をしています。

花村: どのように運用されていらっしゃるのですか?
宇佐美氏: 運用助言、調査を担当するアナリストは私を入れて4名ですが、全員で経営者と面談し、全員で議論します。業種等による担当制はなく、全員で担当します。調査対象会社数は500〜600社程度ありますので、1日3〜5社の経営者と面談します。定期的に面談を行うことによりその会社を継続的に調査することができます。

「アナリストの視点」よく読まれている記事(過去1週間)

アナリストの視点はRSSでも配信しています

バックナンバー