fund_beginer fund_search fund_look



アナリストの視点(ファンド)

SRIファンドの運用成績を検証する

2010-04-15

 資産運用の世界で、個人投資家にも徐々に浸透しつつあるのが、「SRI投資」である。SRIとは、「社会的責任投資」のことで、企業のCSR(企業の社会的責任)活動などを参考に投資を行う手法となる。

 CSRへの意識が高い企業は将来的に企業価値が高まることが期待され、また、CSR活動に積極的な企業は、不祥事などによる株価の下落リスクが低いと考えられている。結果として、これらの銘柄に投資するSRIファンドは、成長力と安定性の両面で堅調なリターンが見込めることになる。

日本株SRIファンドのパフォーマンス

 では、実際にSRIをテーマとして運用されているファンドの運用成績はどうなのだろうか。日本の株式を主要投資対象とするSRIファンドは、2010年3月末現在で18本ある。これらのファンドのリターンを平均しTOPIX(東証株価指数)と比べると、6カ月で1.48%、1年で4.94%、3年(年率)で0.93%上回っている(図表)。過去1年間では18ファンド中17ファンドが、過去3年間では該当17ファンド中9ファンドがTOPIXを上回っており、SRIファンドは長期的に安定した運用成績となっていることがわかる。

SRIファンドのパフォーマンス
  3ヵ月
リターン
6ヵ月
リターン
1年
リターン
3年
リターン(年率)
5年
リターン(年率)
国内SRIファンド 7.62 9.06 31.46 -16.10 -2.14
TOPIX 7.85 7.58 26.52 -17.03 -3.71
           
海外SRIファンド 0.82 7.58 43.37 -14.32 -2.85
MSCI指数 3.00 10.06 43.52 -14.53 -1.95
モーニングスター作成。2009年3月末現在。
国内SRIファンドは該当18本、海外SRIファンドは該当2本の平均

 ちなみに、日本株SRIファンドにおいて、過去1年間で最も高いリターンを示したのは、朝日ライフアセットの「朝日ライフ SRI社会貢献ファンド(愛称:あすのはね)」で、1年リターンは38.23%。同ファンドは3月末時点では、上位組入業種が電気機器、機械、化学となっており、そのどれもがTOPIXを大幅にオーバーウェイトしている。多くのSRIファンドは株価の割安度も銘柄選択の基準にしているため、月報などで確認できる業種・銘柄構成は、個別銘柄投資の際にも参考になるだろう。

海外運用型は本数が少ない

 一方、海外株式を中心に運用されるSRIファンドに目を向けると、日本で販売されているファンドは意外に少ない。野村アセットの「野村グローバルSRI100(愛称:野村社会責任投資)」などわずか2本で、2本とも「FTSE4Good Global 100 Index」に連動する成果を目指すインデックスファンドとなっている。同インデックスは、環境保全の取り組み、ステークスホルダーとの積極的な関係構築など5つの適格基準を満たした世界の企業を対象にしており、英国の調査機関EIRIS社が調査している。「野村グローバルSRI100」の国別配分上位では米国41.9%、英国18.9%、フランス7.8%。日本は4.6%の組入れとなっているように、先進国の株式が対象となる。

 ちなみに、上記2ファンドの平均リターンと、日本を含む先進国を中心に構成されるインデックス「MSCI ワールドインデックス(円ベース)」を比較すると、過去1年間、同3年間(年率)ともにMSCI ワールドインデックスが上回っている。

主なSRIファンド(純資産額順)
ファンド名 ファンド愛称 純資産額
(百万円)
運用会社 トータルリターン
6ヵ月
トータルリターン
1年
トータルリターン
3年(年率)
住信 SRI・ジャパン・オープン グッドカンパニー 21,974 住信アセット 8.06 31.12 -18.67
りそなジャパンCSRファンド 誠実の杜 5,519 パインブリッジ 9.57 31.25 -14.87
住信 日本株式SRIファンド   5,369 住信アセット 8.03 31.12 -18.63
ダイワ SRIファンド   3,383 大和投信 9.21 31.12 -15.29
朝日ライフ SRI社会貢献ファンド あすのはね 3,240 朝日ライフアセット 9.5 38.23 -9.27
フコク SRI(社会的責任投資)ファンド   2,588 しんきんアセット 10.05 32.7 -16.28
野村 グローバルSRI100 野村世界社会的責任投資 2,550 野村アセット 7.53 43.24 -14.37
三菱UFJ SRIファンド ファミリー・フレンドリー 2,330 三菱UFJ投信 10.27 31.33 -17.72
SAIKYO日本株式CSRファンド すいれん 1,494 パインブリッジ 10.51 32.74 -14.98
モーニングスター SRIインデックスオープン つながり 1,443 野村アセット 10 27.57 -17.07
出所:モーニングスター。2009年3月末現在。

 他にも、バランス型ファンドでCSRに積極的な企業の株式を組み入れているファンドもあるが、全体的には海外で運用するタイプのSRIファンドは本数が少なく、今後は新興国も含め、CSRに積極的な企業を組み入れることでコンプライアンス・リスクを回避しようとするファンドが増えていくことが予想される。 SRIファンドには信託報酬の一部を社会的課題に取り組む団体などに寄付しているファンドも多く、自らの社会貢献活動の一環として、これらのファンドを購入するのもひとつの考え方といえるだろう。

(片岡 利文)

「アナリストの視点」よく読まれている記事(過去1週間)

アナリストの視点はRSSでも配信しています

バックナンバー