fund_beginer fund_search fund_look



アナリストの視点(ファンド)

信託報酬等はあくまで目安!実質的に負担するコストを知るには?

2017-07-13

 投資家が、ファンドを選ぶ際に注目することの一つにコストがある。ファンドには、購入、解約手数料や信託財産留保額など複数のコストがあるものの、なかでも「信託報酬等」には今まで以上に注目が集まっている。信託報酬等は、ファンドを保有している期間ずっと負担し続けるもので、長期投資を意識した投資家が増加する中、低コストファンドを選定条件の一つに挙げる投資家も多いだろう。

 信託報酬等の内訳は、ファンドの運用や運用報告書などの資料作成を行う委託会社、投資家が購入した後に情報提供や口座内のファンド管理などを行う販売会社、信託財産の管理、委託会社からの指図の実行などを行う受託会社の各社が受け取るものと、株式の売買手数料といったファンドの運用を行う上で必要な費用(その他費用)があり、その料率は目論見書で確認できる。しかしながら、その他費用の料率は決まっているものではなく、運用期間中に変動するものであることから、目論見書記載の数値はあくまでも目安となる。

実は信託報酬等よりも多くコストを負担していたの?!

 では、投資家がファンドの保有期間中、実質的に負担しているコストはどのくらいなのだろうか。それを確認するために、「実際の経費率」に注目してみよう。モーニングスターでは、実際の経費率を、各ファンドの直近1年間の運用報告書を基に、“1万口当たりの費用明細÷決算期間の平均基準価額(分配金込み)”で算出している。国内ファンド(確定拠出年金及びファンドラップ向け含む、ETF除く)のうち、運用報告書が出ていないファンドなどを除いた4,053本(アクティブファンド:3,568本、パッシブファンド:485本)を対象(以下、文章及び図表、同条件)に、2017年6月末時点の信託報酬等(税抜)と実際の経費率の平均を比較して見ると、全体、アクティブファンド、パッシブファンドの全てにおいて、実際の経費率のほうが0.04%〜0.11%高い結果となった(図表1参照)。

図表1:信託報酬等(税抜)と実際の経費率の比較

図表1:信託報酬等(税抜)と実際の経費率の比較

※ 2017年6月末時点
※ アクティブファンド、パッシブファンドは投信協会の分類に基づく
出所:モーニングスター作成

 ただし、必ずしも実際の経費率が信託報酬等(税抜)よりも高くなるわけではない。モーニングスターカテゴリー別に、同月末時点における先ほどと同様の比較を行ったところ、73カテゴリー中21カテゴリーが実際の経費率が信託報酬等(税抜)を下回り、「国際債券・転換社債(為替ヘッジなし、あり)」は、実際の経費率が0.49%下回った(図表2参照)。一方で、同水準が3カテゴリー、実際の経費率が上回ったのが49カテゴリーとなった。上回ったカテゴリーの中で差が最も大きくなったのが、「国際株式・ロシア(為替ヘッジなし)」で、実際の経費率が1.13%上回っていた(図表2参照)。つまり、信託報酬等(税抜)が1.74%だと思って投資をしたところ、実質的には2.87%のコストを負担していたことになる。株式の売買手数料などは、投資家が事前に予測できないものではあるものの、投資家のコスト負担を考える上では、実際の経費率を確認することも重要である。

図表2:モーニングスターカテゴリー別信託報酬等(税抜)と実際の経費率の差

図表2:モーニングスターカテゴリー別信託報酬等(税抜)と実際の経費率の差

※ 2017年6月末時点
※ 信託報酬等と実際の経費率との差が大きいカテゴリー及び小さいカテゴリーの各上位10カテゴリーを抜粋
出所:モーニングスター作成

実際の経費率はどこで確認したらいい?

 最後に、実際の経費率の確認方法を紹介したい。実際の経費率を算出する上で、基になっているのが運用報告書で、使用する項目は「1万口当たりの費用明細」である(図表3参照)。ここでは運用報告書作成期間において、どのくらいの費用がかかったのかを見ることができる。運用報告書が手元に届いたら、確認してもらいたい項目の一つだ。

図表3:1万口当たりの費用明細

図表3:1万口当たりの費用明細

※ 2016年9月21日〜2017年3月21日
出所:「LM・オーストラリア高配当株ファンド(毎月分配型)」の運用報告書より抜粋

 モーニングスターのホームページでは、個別ファンドの詳細ページの中にコストページを設けており、運用報告書の情報を基に算出された実際の経費率は、そこで確認することができる(図表4)。コストページでは、個別ファンドの実際の経費率に加えて、そのファンドが属するカテゴリーの平均も掲載していることから、カテゴリー平均に対して大きく上回っていないかどうかも確認することができる。ファンド選びの際には、ぜひ活用してもらいたい。

図表4:モーニングスターのサイト内での実際の経費率

図表3:モーニングスターのサイト内での実際の経費率

出所:「LM・オーストラリア高配当株ファンド(毎月分配型)」のファンド詳細ページより抜粋

(平井 綾香)

「アナリストの視点」よく読まれている記事(過去1週間)

アナリストの視点はRSSでも配信しています

バックナンバー