fund_beginer fund_search fund_look

新評価の概要

このたび、モーニングスターでは、債券投資型ファンドや毎月分配型ファンドの人気化、新興国を中心とした海外投資型ファンドの多様化など、投資信託マーケットの急速な変化に対応すべく、ファンドの分類、評価方法の大幅な変更を行いました。
従来の評価方法と比べて、これまで以上により精微なファンドのパフォーマンス比較が可能となっています。
主な変更点を下記に記載しましたのでご参照ください。

新評価情報のポイント−モーニングスター分類、レーティングの変更

  1. モーニングスター分類の変更
    現行の47分類から73 (ブル・ベア除く) 分類に細分化。(詳しくはこちら >>
    新設ファンドについても分類を付与(現行は運用期間1年以上)
    債券型は地域・国別、種類別で分類分け
    新たにREIT型、コモディティ型、ヘッジファンド型を独立した分類に
  2. 長期のパフォーマンスを重視したレーティング (詳しくはこちら >>
    モーニングスターレーティングは3年、5年、10年ごとのレーティングを追加
    長期レーティングを重視した加重平均レーティングを総合レーティングとして新設

新規評価項目−リターン、リスク、コスト情報

■ リターン、リスク情報

  • 純流出入額データによりファンドの設定解約状況を時系列で確認が可能
  • インベスターリターンデータにより、流出入を加味したリターンの比較が可能
  • 期間収益の期間を設定し、時系列で参照可能
  • カテゴリー内でのリスクの大きさを比較できるモーニングスターリスクを表示
  • 各ファンドの最大下落率を表示
  • リスク・リターンマップを主要なカテゴリーとの比較で図示

■ コスト情報

  • 信託報酬率の内訳を表示
  • 1万口当たり費用明細を表示し、実質経費率の比較が可能に
  • 売買回転率データを表示

新規評価項目−分配金情報、ポートフォリオデータ

■ 分配金情報

  • 分配金履歴は過去5年まで表示し、年間合計も表示
    1万口当たり分配原資を表示することで分配金余力の目安を明示
  • 分配金利回りを表示

■ ポートフォリオデータ

  • 資産クラスの項目の増加により、アセットアロケーションが明確に
  • 国別、地域別の投資比率を表示
  • スタイルボックスは債券も表示
  • 債券のデュレーション、格付を表示

新規評価項目−ファンド分析、ニュース、ダウンロード

■ ファンド分析

  • 純資産額が大きい、特徴的な運用をしていると判断したファンド100本についてはファンドアナリスト分析、ファンドマネジャーコメントを表示
  • 100本(モーニングスターファンド100)については定期的にインタビューなどを行い、詳細な情報を常にカバー

■ ニュース、ダウンロード

  • 個別ファンドのニュースを記載
  • 基準価額、トータルリターン、分配金は過去のデータをダウンロード可能