ヘルプ

債券スタイル分析

 債券ファンドの投資スタイル(スタイルボックス)を本数別、投資比率別に集計し、表示します。
 スタイルボックス (債券)とは、過去3年間における保有債券の格付とデュレーションを9つのスタイルに分類しています。保有株式の情報は、運用会社が発行する月報から入手しています。
 (1)格付 直近の月報等から入手したポートフォリオの平均格付けが、平均格付≦2は高、2<平均格付<5は平均、5≦平均格付は低とします※。
 (2)期間(デュレーション) 直近の月報等から入手したポートフォリオの平均デュレーションが、5年以上は長期、1年以上5年未満は中期、1年未満は短期とします。なお、デュレーションの数値が確認できない場合には、残存期間を記載しています。

※AAA(S&P)、Aaa(Moody‘S)を1、AAを2などとして数値化し、平均値を算出しています。

※画像をクリックすると拡大します。


  1. 債券スタイル(銘柄数・本数ベース)
    債券スタイルを銘柄数ベースで集計し表示。
    債券ファンド以外、またはデータ未着のファンドは集計対象外となり、データなしの部分に本数を表示。
    下記の例の場合、「グローバル高金利通貨オープン(毎月分配型)」が中期・平均格付で、「野村豪州債券ファンドCコース(毎月分配型)」が中期・高格付のファンドのため、中期・平均格付(真ん中の列、中段)と中期・高格付(真ん中の列、上位)にそれぞれ1と表示され、その他の4商品は、債券ファンド以外、またはデータ未入力のため、データなし4と表示。
  2. 債券スタイル(投資比率ベース)
    債券スタイルを投資比率ベースで集計し表示。
    債券ファンド以外、またはデータ未着のファンドは集計対象外となり、データなしの部分に残りの投資比率を表示。
    下記の例の場合、「グローバル高金利通貨オープン(毎月分配型)」が中期・平均格付で投資比率が21.67%、「野村豪州債券ファンドCコース(毎月分配型)」が中期・高格付で投資比率が23.73%のため、中期・平均格付(真ん中の列、中段)に22(%)、中期・高格付(真ん中の列、上位)に24(%)とそれぞれ表示され、その他の4商品は、債券ファンド以外、またはデータ未入力のため、データなし54(%)と表示。
  3. 商品別ブレークダウン
    あなたが登録したファンドや株式の銘柄名。商品名横のチェックボックスで集計対象の変更することができます。
  4. 評価額
    あなたの保有する各商品の現在の時価評価額。
  5. 投資比率
    当該商品へあなたが投資している比率。したがって投資比率の合計は100%となる。
  6. 投資スタイル
    各商品別の投資スタイル(投資スタイルの説明は前述)
  7. ポートフォリオ日付
    で計算したスタイルの基データとなるポートフォリオ情報の日付(直近でモーニングスターが入手した運用報告書の日付)


close