youtube fund_beginer fund_search fund_look

株式ニュース

<特集>個人消費関連の勝ち組をマーク(3)=薬王堂―足元で堅調な業績、株価の調整で押し目を拾う

2017/07/10 14:40

 薬王堂<3385>をマークしたい。同社は5日、18年2月期第1四半期(17年3−5月)の連結決算を発表。売上高は199億3700万円(前年同期比12.2%増)、経常利益が11億7100万円(同3.5%増)だった。株価は、利益が市場予想平均に届かず失望売りを誘った格好となったが、据え置かれた第2四半期(3−8月)業績予想に対する進ちょく率は、経常利益で52.5%と堅調だった。売り一巡後の見直しが期待され、押し目を拾うチャンスと判断したい。

 第1四半期業績は、ヘルスケア部門で健康食品や介護用おむつなどが伸長。ビューティケア部門でも男性用化粧品やヘアケアやオーラルケアなどが好調だった。コンビニエンスケア部門では、飲料や菓子、日配品が伸長したほか、酒類なども伸びている。気象庁の季節予報によると、今夏は「暑い夏」が予想されることから、今後は季節商材の売上増も期待される。

提供:モーニングスター社

(イメージ写真提供:123RF)