youtube fund_beginer fund_search fund_look

国内市況ニュース

7日の東京株式市場見通し=反発後、値動きが粗くなる可能性も

2018/02/07 08:00

予想レンジ:2万1800円−2万2400円(6日終値2万1610円24銭)

 7日の東京株式は反発後、値動きが粗くなる可能性も想定される。現地6日の米国株式は反発。日経平均株価は、2日からの3営業日で1900円近い下落幅を記録していたこともあり、買い戻しの動きが先行するとみられる。ただ、急落後の反動高が一巡した後は、戻りを売る動きが出ることも想定され、不安定な展開となる場面もありそう。為替相場は、ドル・円が1ドル=109円台の半ば(6日終値109円02−03銭)、ユーロ・円が1ユーロ=135円台の半ば(同135円13−17銭)と円安に振れている。6日のADR(米国預託証券)は円換算値でコマツ<6301>、ソニー<6758>、トヨタ<7203>などを中心に、6日の東京終値に比べ全面高となった。5日のシカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、6日の大阪取引所終値比735円高の2万2245円だった。(高橋克己)

7日の主な経済指標・スケジュール
【国内】
・ 8:50 1月末の外貨準備高
・ 9:00 12月毎月勤労統計調査
・14:00 12月景気動向指数
・決算発表=明治HD<2269>、旭化成<3407>、SMC<6273>、いすゞ<7202>、三菱地所<8802>、ソフトバンク<9984>

【海外】(時間は日本時間)
・インド準備銀行金融政策決定会合
・ECB(欧州中央銀行)定例理事会
・米10年国債入札
・ブラジル中銀政策金利発表
・決算発表=ウォルト・ディズニー

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。 
(イメージ写真提供:123RF)