fund_beginer fund_search fund_look

債券ニュース



17日の債券市場見通し=売り先行も下げ渋る展開か

2018/04/17 08:20

予想レンジ:債券先物中心限月(6月限)150.80円−150.90円、長期国債利回り0.030%−0.040%

 17日の円債市場は、売りが先行する動きも、取引を進めるにつれ、下げ渋る展開となりそうだ。

 前日の米債券市場は横ばい。シリア情勢への警戒感が和らいだほか、米商務省が発表した3月の小売り売上高が市場予想を上回り、米個人消費が持ち直しているとの見方が広がり、米国債には売りが出た。その後、株式市場の伸び悩みを受けて、米債券は買い戻される場面があった。

 国内市場では、財務省が実施する5年国債入札への警戒感が残るなか、「ショートカバーニーズが見込まれ、消化不安は少ない。入札をこなすことで、もみ合いに転じそうだ」(銀行系証券)との見方。

提供:モーニングスター社
(イメージ写真提供:123RF)

今、見られている記事