youtube fund_beginer fund_search fund_look

新興国ニュース

<新興国eye>トルコのバス・トラック大手アナドール・いすゞ、一時生産休止

2019/01/16 12:00

 トルコ複合企業大手アナド−ル・グループ・ホールディングと日本のバス・トラック生産大手いすゞ自動車<7202.T>、伊藤忠商事<8001.T>の合弁会社アナドール・いすゞ・オートモーティブ・サナイは14日、イスタンブール証券取引所に提出した報告書で、トルコ国内の需要低迷に対処するため、トラックとバスの現地生産を14日から4月13日までの期間中、計26日間休止し生産調整に入ることを明らかにした。
 
 生産休止は1月中が6日間、2月は8日間、3月も8日間、4月は4日間となっている。生産の一時休止による業績への影響は軽微だとしている。
 
 アナドール・いすゞはトルコ国内でバスやトラック、ピックアップトラックを生産・販売しているが、需要の落ち込みで苦戦を強いられている。ODD(トルコ自動車販売協会)によると、トルコ全体の18年自動車販売台数は前年比35%減と、大幅に縮小。18年12月だけでも前年比43%減と急減している。
 
 アナドール・いすゞの出資比率はアナドールが全体の55.5%、いすゞが17%、伊藤忠が12.7%、残り14.8%がその他となっている。
 
<関連銘柄>
iS新興国<1362.T>、上場MSエマ<1681.T>
 
(イメージ写真提供:123RF)