youtube fund_beginer fund_search fund_look

ファンドニュース

SBI証券、月間積立設定金額200億円突破

2020/03/17 01:00

 SBI証券は16日、投信の月間積立設定金額が15日時点で、主要ネット証券(SBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券、auカブコム証券)で最大級となる200億円を突破したと発表した。積立設定の口座数は39万口座超となったという。

 同社では現在、公募投信2667本を全て販売手数料無料で取り扱っている。投信の積立サービスは06年より開始し、その後最低設定金額の100円への引き下げや、残高に応じてポイントが貯まる「投信マイレージサービス」、積立日設定の毎日・毎週・隔月などの対応、投信積立専用アプリの提供などサービスを拡充してきた。

 2月の同社の積立設定件数人気ランキングでは、第1位が「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」、第2位が「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」、第3位が「ニッセイ 外国株式インデックスファンド」となっており、海外の株式に投資する低コストのインデックスファンドが人気だ。

※図表はSBI証券のプレリリースより。