youtube fund_beginer fund_search fund_look

株式ニュース



9月1日の東京株式市場見通し=軟調な展開か

2020/09/01 08:06

予想レンジ:2万3000円−2万3300円(8月31日終値2万3139円76銭)

 9月1日の東京株式は、軟調な展開か。きのう8月31日の日経平均株価は、安倍晋三首相の後任として、菅義偉官房長官が最有力との見方が浮上し、現政権の政策が維持されるとの期待感が支えとなり大幅反発し、一時450円を超える場面もみられた。ただ、買い一巡後は戻り待ちの売りに押される格好となり、上げ幅を縮小した。上値の重さや手がかり材料難から、弱含む場面がありそう。為替相場は、ドル・円が1ドル=105円台の後半(8月31日終値は105円82−83銭)と小動きの一方、ユーロ・円が1ユーロ=126円台の前半(同125円84−88銭)と円安方向にある。

 8月31日のADR(米国預託証券)は円換算値で、高安まちまちながら、エーザイ<4523>、パナソニック<6752>、任天堂<7974>などが、同31日の東京終値に比べ高い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、同31日の大阪取引所終値比60円安の2万3100円だった。(高橋克己)

 9月1日の主な経済指標・スケジュール
【国内】
・ 8:30 7月失業率・有効求人倍率
・ 8:50 4−6月期法人企業統計
・14:00 8月自動車販売台数・軽自動車販売
・10年国債入札
・マイナンバーカードの保有者に対し、民間事業者のキャッシュレス決済を通じて買い物に使えるポイントを付与する制度を開始
・決算発表=伊藤園<2593>

【海外】(時間は日本時間)
・10:45 中国8月財新製造業PMI
・18:00 ユーロ圏7月失業率
・23:00 米8月ISM製造業景況指数、米7月建設支出

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。
 
(イメージ写真提供:123RF)