youtube fund_beginer fund_search fund_look

ファンドニュース



5年連続★★★★★、新顔は「明治安田 日本債券ファンド」

2020/09/09 16:27

 国内公募追加型株式投信(確定拠出年金専用、ファンドラップ専用、及びETFを除く、通貨選択型も除く)のうちアクティブファンドを対象として、20年8月末時点までの5年間(15年9月末〜20年8月末の60カ月)連続でモーニングスターレーティングが最上位の5ツ星(★★★★★)となったファンドを見ると、9ファンドとなった。前月末時点の8ファンドがいずれも連続月数を伸ばし、1ファンドが新たに加わった。

 レーティングは、運用実績3年以上のファンドを対象に、リスクを加味したリターンがカテゴリー内でどの程度良好であるかを5段階の星の数で示したもの。5ツ星(★★★★★)が最上位で、星の数が多いほど運用が優れていることを表す。
  
 20年8月に新たに加わったのは、「明治安田 日本債券ファンド」(愛称:ホワイトウィング)。13年12月以降81カ月連続で4ツ星以上が継続し、うち15年9月以降は5ツ星が続いている。同ファンドは、国内の公社債の中から、内外いずれかの格付会社によりBBB格あるいはBBB格相当以上の格付けを得ている債券に投資する。20年8月末時点の過去5年間のトータルリターン(年率)は1.55%とカテゴリー「国内債券・中長期債」平均(0.82%)を0.73%上回り、カテゴリー内上位6%(96本中第5位)となっている。

 他8ファンドの5ツ星の連続月数を見ると、「J−REITオープン(年4回決算型)」の122カ月を始め、「セゾン 資産形成の達人ファンド」と「スパークス・新・国際優良日本株ファンド」(愛称:厳選投資)が77カ月、以下、「One 国内株オープン」(愛称:自由演技)69カ月、「フィデリティ・アジア株・ファンド」と「明治安田 日本債券オープン(毎月決算型)」(愛称:しあわせ宣言(毎月決算型))が68カ月、「ニュージーランド株式ファンド」62カ月、「UBS 中国A株ファンド(年1回決算型)」(愛称:桃源郷)61カ月となっている。