youtube fund_beginer fund_search fund_look

ファンドニュース

「eMAXIS Neo」シリーズが好パフォーマンス、21年1月の月間リターンは国内上位5本中4本を占める

2021/02/05 18:57

 三菱UFJ国際投信の「eMAXIS Neo」シリーズのパフォーマンスが良好だ。21年1月の月間のリターンは、国内公募追加型株式投信(ETF除く)全ファンドでトップとなった「eMAXIS Neo バーチャルリアリティ」を始め、上位5ファンド中4ファンドが同シリーズ。同月末時点の1年間のトータルリターンにおいても、上位5ファンド中3ファンドを同シリーズが占めた。

 同シリーズは、ノーロードのテーマ型インデックスファンドシリーズ。米国市場に上場している日本を含む世界の企業の中から、AI(人工知能)が対象とするテーマごとに銘柄を選定して算出する「S&P Kensho ニューエコノミー指数」に連動することを目指す。現時点では、「ロボット」、「宇宙開発」、「遺伝子工学」、「ドローン」、「ナノテクノロジー」、「バーチャルリアリティ」、「フィンテック」、「自動運転」、「ウェアラブル」の9テーマ、9ファンドからなる。具体的なベンチマークは、テーマに応じて、「eMAXIS Neo 自動運転」が「S&P Kensho Autonomous Vehicles Index(配当込み、円換算ベース)」、「eMAXIS Neo バーチャルリアリティ」が「S&P Kensho Virtual Reality Index(配当込み、円換算ベース)」などである。

 21年1月の月間のリターンは、「eMAXIS Neo バーチャルリアリティ」が37.71%で国内ファンド中トップとなり、以下、「eMAXIS Neo ナノテクノロジー」が26.14%で第2位、「eMAXIS Neo ドローン」が18.04%で第4位、「eMAXIS Neo ウェアラブル」が16.97%で第5位。

 同月末の1年間のリターンでは、「eMAXIS Neo 自動運転」が126.47%で国内ファンド中第2位、「eMAXIS Neo バーチャルリアリティ」が116.70%で第3位、「eMAXIS Neo ナノテクノロジー」が112.12%で第4位となった。

 また、モーニングスターの推計によると、21年1月には、122億円の純資金流入となった「eMAXIS Neo 自動運転」を始め、「eMAXIS Neo バーチャルリアリティ」、「eMAXIS Neo ナノテクノロジー」、「eMAXIS Neo ドローン」、「eMAXIS Neo ウェアラブル」が設定来で流入超過額最大となった。

 2月4日時点の純資産残高は、最大の「eMAXIS Neo 自動運転」が231億円で、シリーズ全体でも457億円。昨年後半から急増しているものの、まだそれ程大きくはない。今後、良好なパフォーマンスをテコに注目度が高まる可能性がある。