youtube fund_beginer fund_search fund_look

ファンドニュース

拡大するグリーンボンド市場、「グリーンボンド・ファンド」も機関投資家から個人の投資対象に

2021/03/31 19:30

 HSBCアセットマネジメントと世界銀行グループの国際金融公社(IFC)は3月18日に、総額5億3800万ドル(約590億円)で、グリーンボンド・ファンドである「HSBC リアルエコノミー・グリーン・インベストメント・オポチュニティ GEM ボンド・ファンド(REGIO)」の募集を終了したことを発表した。同ファンドは、新興国においてリアルエコノミー(実体経済)を担うセクターの発行体を対象に、気候変動緩和のための投資を行う初めてのグリーンボンド・ファンドとして位置づけられている。グリーンボンド・ファンドは、今年1月に国際決済銀行(BIS)が各国の中央銀行向けにユーロ建てのグリーンボンド・ファンドを設定することを発表したばかり。米国や日本が「2050年カーボンニュートラル(実質的な温暖化ガスの排出量をゼロ)」を宣言するなど、国際的に環境対策が強化されており、グリーンボンド(環境債)の発行も活発化している。新たな投資対象として「グリーンボンド」にも注目していきたい。

 環境省が運営している「グリーンボンド発行促進プラットフォーム」によると、代表的なグリーンボンド・ファンドは、BISが2019年9月に発表した中央銀行向けのドル建てのファンドの他、アムンディ、BNPパリバ、ブラックロック、アクサなど、世界の名だたる運用会社が組成している。BISが今年発表したユーロ建てのグリーンボンド・ファンドは、19年9月に募集したドル建てと合わせて20億ドル(約2200億円)程度の規模を見込んでいるという。また、アムンディが2018年2月に設定した「Amundi Planet Emerging Green One(EGO)」は設定当初に残高が14.2億ドルで、20億ドル規模を目指すとして世界最大のグリーンボンド・ファンドと目されていた。

 今回、HSBCアセットマネジメントが設定する「REGIO」は、HSBCとIFCがそれぞれ7500万ドルを投資し、全体で10の投資家が参加する機関投資家向けのファンドになっている。投資家には、フランス開発庁の子会社であるPROPARCO(フランス海外経済協力振興会社)、イタリア預託貸付公庫(CDP)、保険会社であるAVIVAフランスやカーディブ生命保険、ゴータ保険グループのゴータ・アセット・マネジメントやデンマーク教職員年金基金やドイツの年金基金などが参加している。

 「REGIO」の投資先は21年2月26日現在、ブラジルに16.76%、インドに15.27%、中国に14.18%、メキシコに10.93%、コロンビアに8.53%、チリに7.33%など新興国に広く分散している。HSBCアセットマネジメントは、「新興国市場は急速に拡大する気候変動の影響を克服しなければならないという大きな課題に直面しています。投資家として私たちがそれらの国々に今日の段階で投資することは、明日への好機を創り出すことであると確信しています」としている。

 気候債券イニシアチブ(CBI)によると、2020年の世界のグリーンボンド発行額は2695億米ドル(約29.6兆円)で過去最高を記録し、2021年は4000億〜4500億米ドルへとさらに拡大すると見込まれている。昨年、国内の発行体が発行したグリーンボンドは、みずほ銀行が10月に発行した5億ユーロで5年ものがクーポン0.214%、東京都が10月に発行した100億円は5年ものでクーポン0.02%、100億円の30年債はクーポン0.688%、11月に東京都が発行した1.39豪ドルの5年債は0.41%、トヨタファイナンスが10月に発行した300億円の5年債は0.11%などとなっている。今年1月に三井住友FGが発行した5億米ドルの3年債は0.508%だった。いずれも資金使途は、再生可能エネルギーや省エネルギー事業など環境関連プロジェクトに使われる資金だ。

 CBIのレポートによると、日本の発行体の2020年のグリーンボンド発行額は106億米ドルで世界7位。累積発行額は261.5億米ドルで世界第9位になっている。今後、「2050年カーボンニュートラル」の達成に向け、グリーンボンドの発行も活発化すると見通される。

 公募ファンドで、グリーンボンドに投資するファンドは、大和アセットマネジメントの「クリーンテック株式&グリーンボンド(愛称:みらいEarth)」、SBIアセットマネジメントの「SBIグローバルESGバランス・ファンド(愛称:グリーンインパクト)」、日興アセットマネジメントの「グリーン世銀債ファンド」などがある。今後、グリーンボンドの発行増大を受けて、新しいファンドの設定も期待される。(写真は、「グリーンボンド発行促進プラットフォーム」のトップページ)