youtube fund_beginer fund_search fund_look

ファンドニュース

「セゾン バンガード・グローバルバランスファンド」が半年ぶりの5ツ星、資金流入は安定・拡大基調

2021/09/17 14:30

 「セゾン バンガード・グローバルバランスファンド」のモーニングスターレーティングが21年8月、5ツ星となった。同ファンドは、21年2月に、現行のレーティング付与が始まった10年7月から128カ月目にして初めて5ツ星を獲得した。その後4ツ星が続いていたが、半年ぶりに5ツ星を獲得した。

 モーニングスターレーティングは、運用期間3年以上のファンドを対象に、リスク調整後のリターンがその属するカテゴリーでどの水準にあるかを1ツ星から5ツ星の5段階で表したものである。5ツ星が最上位で相対的な運用効率が優れていることを示す。
 
 同ファンドは、「長期・積立・国際分散」の3原則を掲げるセゾン投信が運用するバランスファンド。バンガードのインデックスファンドに投資することで、国内外の株式と債券に分散投資する。日本を含む世界30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に投資するが、株式と債券の比率は原則として50:50とシンプルである。21年8月末時点の過去10年間のトータルリターン(年率)は9.93%とモーニングスーカテゴリー「安定成長」平均を3.38%上回り、カテゴリー132本中トップとなっている。

 資金フローを見ると、設定(07年3月)から21年8月までの174カ月中170カ月(97.7%)で純資金流入と資金流入傾向が強い。直近流入額が増加しており、純資金流入額は21年6月に30億円で設定来最大となり、7月は29億円で第2位、8月は26億円で第3位となった。

 同ファンドは、つみたてNISA採用ファンドである。21年8月までの過去1年間の純資金流入額は245億円とつみたてNISA採用ファンド192本(パッシブ173本、アクティブ19本)中第13位。ただ、アクティブ区分のファンドの中では、同社の「セゾン 資産形成の達人ファンド」(第11位)に次ぐ第2位。投資家の長期投資への意識が高まる中、積立需要を取り込む格好で安定的に資金流入額が増加している。