fund_beginer fund_search fund_look



投資信託講座

金融商品を選ぼう

パフォーマンスの評価

■ 色々なパフォーマンス評価

 ファンドのパフォーマンスの測定は、単にリターンを測定するだけでは十分とは言えません。ファンドのリターンが高くても、それはファンドマネジャーがリスクの高い投資をした結果、達成されたのかもしれないからです。このようにパフォーマンス測定を見る場合、リスクに見合ったリターンが他のファンドと比較してどうかということが重要です。
  それではまずファンドのリスク尺度について見ていきましょう。

標準偏差
  標準偏差は、ある測定期間内のファンドの平均リターンから各リターン(例えば月次リターン、年次リターン等)がどの程度離れているか(すなわち偏差)を求めることによって得られる統計学上の数値です。この数値が高い程、ファンドのリターンのぶれが大きくなります。例えば、同一のリターンが期待される2つのファンドがあった場合、標準偏差が大きいほど期待したリターンが乖離(かいり)した結果となる可能性が高くなります。

β(又はベータ、β値)
  βは、個々のファンドが市場インデックス(東証TOPIXなど)に対して何倍の値動きをするかいう値です。βはファンドが市場に対し、どれくらい敏感に反応するかを示す値とも言えます。例えば、TOPIXのβ値=1.0ですが、この時、Aファンドのβ値=1.2であれば、相場上昇時にはAファンドの値上がりはTOPIXより20%高くなる反面、相場下落時にはTOPIXより20%余計に値下がりすることを意味します。βはポートフォリオに存在するリスクのうち、分散によっても消去できないリスクを測る指標であるため、測定するポートフォリオが高度に分散していることが前提となります。

モーニングスターリスク
  モーニングスターでは、ファンドのリターンが特定の金利水準を下回った時だけをリスク(下方リスク)と考えます。上回った時はリスクとしてとらえません。モーニングスターリスクの計算は、リスクがないと想定される特定の短期金利(無担保コール翌日物)と、ファンドの月次リターンを比較することで行います。具体的には36カ月の間に、ファンドの月次リターンが短期金利を下回った月の下回ったパーセンテージを合計し、さらに合計数字を対象期間の月数(36)で割って、月次の平均数値を求めます。こうして求めた下方乖離幅(かほうかいりはば)をそのファンドが属する小分類の平均値と比較します。実際には小分類の平均値で割ることにより、平均との相対価(リスクスコア)を求めます。(式については後編に記載のモーニングスターレーティング値欄を参照)

 次に、上記のリスクを考慮した「リスク調整後のパフォーマンス測度」について説明します。

シャープレシオ(シャープ測度ともいう)
  シャープレシオ<図29>はリスクに見合ったリターンを得ているかを表す指標でリスク尺度にリターンのぶれの大きさ(標準偏差)を使用します。数値が大きい方が高い評価となり、モーニングスター社以外の多くの投信評価会社が採用しています。

(図29)シャープレシオ


シャープレシオ

 

トレイナーの測度
  トレイナーの測度<図30>はリスク尺度にベータ(β)をとり、リターンと関係づける測度です。シャープレシオと同様、数値が大きいほど安定的な収益をあげていたことを表します。βがリスク尺度として有効となるには、ポートフォリオが高度に分散されていることが要件となります。従って、投資信託の場合、マーケット連動ファンドにはトレイナーの測度が有効と考えられますが、株式や債券、その他資産からなるファンドでは、シャープレシオの方が適していると言えます。

(図30)トレイナーの測度


トレイナーの測度

モーニングスターレーティング値
  モーニングスターレーティング(★印での5段階評価)は、ファンドのリスク調整後パフォーマンスの総合評価を小分類中で比較して評価しますが、その基になっている数値がモーニングスターレーティング値です。運用成績が3年以上のファンドを対象として、過去3年間のリスク調整後のパフォーマンスを<図31>の式で求めます。

(図31)モーニングスターレーティング値


モーニングスターレーティング値

その他パフォーマンス評価
  アクティブファンドのように、特定のベンチマークを上回る成果を目標としているファンドには、そのベンチマークを実際何パーセント上回っているどうかを見ることも、重要なパフォーマンス評価の1つと言えます。