fund_beginer fund_search fund_look



投資信託講座

金融商品を選ぼう

 投資信託を読みこなす

■ 「信託期間」ってなに?


 販売用資料や投資信託説明書を見ると、お申し込みメモやファンド概要の欄に「信託期間」が記載されています。この「信託期間」とは、どんな期間を指すのでしょうか?


「信託期間」とは、投資信託の運用がスタートする「設定日」から、運用が終了する「償還」までの期間を指します。「信託期間」が終了すると投資信託は「償還」します。

 証券会社や銀行、郵便局などの販売会社を通じて集められたみなさんの資金は、「設定日」を機に運用が開始されます。「信託期間」とは、この投資信託が運用されている期間を示しています。そして、「信託期間」の末日が「償還日」です。


「信託期間」ってなに

 中長期の運用を目的としているのに、償還まで半年、1年の投資信託を買っても意味がありません。「償還延長」といって、「信託期間」が延長されるケースもありますが、念のため残りの「信託期間」が短い投資信託などは避けたほうがいいでしょう。

 なお、純資産額が少ない場合などは当初設定された「信託期間」よりも前倒しに償還されることもあります。これを「繰上償還」といいます。詳しくは関連ページ「償還金のご案内」「償還報告書」をご覧ください。