fund_beginer fund_search fund_look



投資信託講座

金融商品を選ぼう

 投資信託の買い方

■ 投資信託、いくらから買えるの?


 「投資はまとまったお金がないとできない」というイメージを持っている人も多いことでしょう。もちろん、退職金などの大きなお金で投資信託を買うのは、資産運用におけるひとつの有力な手段です。ただ、数千万円というまとまったお金がなくても、少ない額で手軽に始められるのが投資信託の特徴であり、また魅力です。


投資信託の多くは、1万円前後から買うことができます。また、毎月1万円など、積み立てで買うこともできます。

 「投資」と聞くと、まとまった金額を持っていない人には縁のない世界だと思われがちですが、投資信託に関していえば、決してそんなことはありません。多くの投資信託は、最低金額が1万円前後に設定されています。ですから毎月1万円ずつ投資信託を買い、運用する金額を徐々に増やしていくこともできるのです。この方法であれば、現金収入や預貯金の少ない若い人でも気軽に投資を始められます。

 投資信託の購入方法には「口数指定」と「金額指定」があります。「口数」とは投資信託の受益権の単位です。通常、投資信託の「基準価額」は、1万口の金額に相当します。「口数指定」の場合、例えば基準価額が12,000円であれば、最低金額は12,000円ということになります(実際にはこれに購入手数料と消費税相当額が加わります)。

 一方、「金額指定」で購入する場合、最低購入金額を確認しましょう。「1万円」とあれば、1万円が最低購入単位となります。

 投資信託の種類によって最低購入金額や口数が異なるほか、同じ投資信託でも販売会社によっては「金額指定」や「口数指定」が選択できないケースなどもあります。詳しくは販売会社に確認しましょう。