fund_beginer fund_search fund_look



投資信託講座

金融商品を選ぼう

 投資信託の分配金

■ 投資信託の分配金と預金の利息の違いは何?


 毎月決算型の投資信託を持っていると毎月分配金が入ってきますが、これは預金の利息と違うのでしょうか?


投資信託の分配金と預金の利息の大きな違いは、前もって決められただけ支払われるかどうかです。

 預金の利息の場合は、あらかじめ決められた利率で定期的に利息が支払われますが、投資信託の分配金の場合は、投資信託の運用状況に応じて支払われる額が異なってきます。これは投資信託の分配金がある期間中に得た収益を配分したものだからです。

 投資信託は、株式や債券などいろいろな資産に投資し、そこから配当や利子などの収益を受け取っています。また、株式や債券など投資している資産の価格は変動しますので、投資している資産を売買することで値上がり益を得ることもできます。

 みなさんがもらう分配金は、主にこれらの収益から支払われています。そのため、配当や利子などの収入や値上がり益を得ることができなかった場合は、分配金の額が前の決算時よりも減額されたり、場合によっては分配金が支払われないということも起こります。また、基準価額から収益分を切り離して分配金を出しているため、分配金が出た分、基準価額が下落していることにも注意しましょう。

 これまで、多くの分配金が支払われている投資信託でも、運用状況によって、急に分配金がゼロになることもありますので、今まで分配金が出ていたからといって、今後も必ず分配金が支払われるとは限らないということを認識しておく必要があります。