fund_beginer fund_search fund_look



投資信託講座

金融商品を選ぼう

 投資信託の分配金

■ 分配金はいつもらえるの?


 毎月決算型の投資信託を持っているみなさんは、毎月、分配金を心待ちにしていると思います。さて、分配金を受け取るタイプの投資信託の場合、どのタイミングで分配金がもらえるのでしょうか?


分配金は決算日から5日目(休日を含まない)以降に受け取ることができます。

 分配金を受け取るタイプの投資信託を持っている場合、みなさんは、投資信託の決算日から5日目(休日を含まない)に投資信託を買った販売会社の支店を通じて受け取ることができます。

 さて、みなさんはどのようなコースを選択していますか?販売会社によっても異なりますが、通常、毎月決算型や隔月決算型、3カ月決算型、1年決算型の投資信託は分配金の受取方法として2つのコースを選択できます。コースによってその受取方法が違ってきますので、注意しましょう。

 分配金の受取方法

分配金を受け取る方法は、2種類あります。
1.分配金受取コース(=一般コース)
  分配金が支払われたとき、そのまま受け取るコースです。
2.分配金再投資コース(=自動けいぞく投資コース)
  支払われた分配金で、再び投資信託を購入するコースです。

 分配金の受取方法として、「分配金受取コース(=一般コース)」を選んでいる場合は、支払われた分配金から普通分配金に対する税金(2013年12月末までは、所得税7%と住民税3%の合計10%となっています。加えて、2013年1月から復興税2.1%が所得税に掛かるので、10.147%。2014年1月より証券優遇税制が廃止され、20.315%となっています)が差し引かれた額が、皆さんの口座に支払われます。あらかじめ銀行振込などを指定していれば、指定の方法で自動的に分配金を受け取ることができます。なお、分配金は支払開始日から5年間で時効になりますので、万が一もらえるはずの分配金を受け取っていない場合は、期限内に支払を請求するよう注意しましょう。

 一方、「分配金再投資コース(=自動けいぞく投資コース)」を選んでいる場合は、普通分配金に対する税金が差し引かれた後の分配金で、投資信託を追加で買うことになりますので、分配金は支払われず、投資信託の保有口数が増えることになります。