fund_beginer fund_search fund_look



投資信託講座

金融商品を選ぼう

 投資信託の分配金

■ 分配金で同じ投資信託が買える?


 分配金はうれしいものです。ただ、特に使い道がない場合、分配金を資金として、追加で同じ投資信託を買いたい気持ちにもなることでしょう。でも、分配金で同じ投資信託を買うことができるのでしょうか?


投資信託によって異なりますが、分配金で同じ投資信託を購入することができる「分配金再投資コース(=自動けいぞく投資コース)」が選択できる場合があります。

 追加型投資信託はいつでも買うことができるため、何度でも買うことができます。ただ、たいていの投資信託は1万口以上や10,000円以上など最低購入単位に制約があるため、数千円程度では購入することができません。

 そこで、「分配金再投資コース(=自動けいぞく投資コース)」を利用しましょう。分配型の投資信託のなかには分配金を現金で受け取るか、分配金を同じ投資信託の購入資金に回すか(再投資するか)、いずれかのコースを選べるものがあります。再投資するコースを選択しておけば、毎回、分配金(税引き後)で自動的に同じ投資信託を買うことができます。また、この場合、再投資時の購入手数料が無料となっており、ある程度分配金がたまってから自分で追加購入するよりも手数料分安く買うことができます。


・分配金受取コース(=一般コース)の場合
 →分配金は再投資されません。

・分配金再投資コース(=自動けいぞく投資コース)の場合
 →分配金が自動的に同じ投資信託の購入資金に回されます。
 このときの購入手数料は無料になります。

 また、これらは両コース間で切り替えができるため、すでに「分配金受取コース(=一般コース)」を選んでしまっていたとしても、途中で「分配金再投資コース(=自動けいぞく投資コース)」に変えることもできます。

 もっとも、販売会社によっては選択できないケースもあるので、販売会社で事前に確認しておきましょう。