fund_beginer fund_search fund_look



投資信託講座

金融商品を選ぼう

 「投資信託」の知って得するポイント

■ 今後も持ち続けるか、それとも売るかを誰かに相談したいのだけど、窓口はあるの?


 投資信託は日々値動きしています。想定以上に値上がりしたり、値下がりしたとき、相談できる窓口はあるのでしょうか?


投資信託の買い付け、解約は自分で判断することが原則です。

 一般的に、証券会社や銀行など、販売会社で投資信託を買った場合、販売員などにアドバイスを求めることはできません。アドバイスをするには証券投資顧問業者の登録または認可が必要だからです。ただ、投資判断のもととなる相場の環境などについては聞くことができます。また、販売会社が行なうセミナーなどを利用してもよいでしょう。ただし、最終判断はみなさんがそれぞれ行なうということは忘れないでください。

 また、販売会社のなかには証券投資顧問業者として登録または認可を受けた会社もあります。これらの会社のなかでは投資のアドバイスをサービスとして行なっているところもあります。「ラップアカウント」や「ファンドラップ」などがそれに当たります。

 今後も保有するか、解約するか迷ったときには、その投資はどんな目的だったのか、運用期間はどのくらいを想定していたのか、想定される損失や収益はどの程度だったのか、など、投資をはじめたときを思い出してください。買った投資信託のリスク・リターンが長い期間にわたり想定していたものと異なる場合、売ってしまうことも重要な選択肢です。