fund_beginer fund_search fund_look



投資信託講座

金融商品を選ぼう

 投資信託を換金する 投資信託の換金実践

■ 売ったらいつお金はもらえるの?


 急にお金が必要になって投資信託の解約を申し込んだ場合、すぐに換金できるのでしょうか?それとも数日かかるものなのでしょうか?


投資信託を換金したときの代金は、受け取れるまで申込が受け付けられてから最低3営業日かかります。 換金した代金が支払われる正確な日数は、商品ごとに異なります。

 換金の手続きが完了したら、売却代金が支払われますが、すぐに手元に届くわけではありません。通常、日本株式に投資する投資信託であれば、換金を申し込んだ日から3営業日目で支払われますが、投資信託の分類や販売会社によっては、5〜8日営業日目としているものもあります。また、なかにはMRFなどのように翌日(休日の場合は次の平日)に現金が支払われる商品もあります。一般的に換金までに数日かかること、正確な日数は商品ごとに異なることに注意しましょう。

 売却から現金が支払われるまで何日かかるのかは、投資信託説明書(目論見書)に記載されています。いざ、現金が必要になって換金しようと思ったら必要な日までに現金化できなかったなんてことになると困りますので、あらかじめ確認しておくことをお勧めします。

 また、換金した代金の受取先にも気をつけましょう。換金した代金の受取口座として登録している預金口座で受け取るのか、売却代金でMRFを買い付けるのか、証券会社の預かり口座に預けるのかなど、いくつかの選択肢がありますので、換金を申し込むときに確認または指定しておきましょう。