fund_beginer fund_search fund_look



確定拠出年金

目標利回りに合う資産配分を考える

 必要な利回りがわかったら、どんな種類の商品にどの程度の割合で資産を割り振るかを決め、その上で会社が提示する商品の中から運用商品を選んでいきます。これを「ポートフォリオを組む」といいます。

投資信託での運用を考えると…

 投資信託にはさまざまな種類があり、期待できるリターンとリスクがそれぞれ異なります。それらを組み合わせて、あなたのポートフォリオを組んでください。

目標利回りに合う資産配分を考える
ポイント

 ここでいう目標利回りは、60歳までの平均利回りです。今後の運用期間が長い若い年代には、リスクをとって積極的なポートフォリオを組み、退職が近づく頃にはリスクを抑えたポートフォリオを組むなど、トータルで考える必要があります。

※各ポートフォリオの利回りは、1990〜1999年、1991〜2000年、1992〜2001年、1993〜2002年、1994〜2003年、1995〜2004年、1996〜2005年の7つの期間の平均利回りより算出。

前へ
次へ