fund_beginer fund_search fund_look



確定拠出年金

確定拠出年金の5つの特徴

確定拠出年金は、次のような特徴を持った制度です。



1

自分で判断できる
資産の運用や年金の受取り方などを、自分で判断して決めます。
運用方法は、企業が提示する選択肢の中から選びます。
運用の結果が悪くても、会社からの補填はありません。





2

掛金の拠出は企業側が負担してくれている
企業型の確定拠出年金では、掛金は企業が負担するので、
個人の負担はありません。
企業の掛金に上乗せ拠出する「マッチング拠出」ができます。





3

税制上のメリットがある
企業が拠出する掛金や、運用の結果得られる利益は非課税です。
また、年金を受取る際にも公的年金等控除などの優遇措置を
受けられます。





4

転職時に持ち運びができる
離転職の都度、退職所得として精算する必要がありません。
その時点での資産を転職先に移し、継続して運用できます。





5

受取りは60歳以降となっている
年金の受取りは原則60歳以降です。
それ以前は一部の例外を除き、中途での払い出しはできません。



前へ
次へ