fund_beginer fund_search fund_look



確定拠出年金

税制面でこんなに優遇される

確定拠出年金では、拠出、運用、給付のそれぞれの段階で、税制上の配慮がなされています。

拠出時の優遇

・企業型の掛金は非課税
企業の拠出金(掛金)は加入者の所得に勘定されないので、新たに税金がかかる心配はありません。

〈参考〉
・個人型の掛金は全額所得控除

その分、所得税や住民税が安くなります。

運用時の優遇

・運用益は非課税
一般の運用では、預金利息は20%、株式の売却益は10%が源泉徴収されますが、確定拠出年金で運用して得た利益は非課税です。
※注/運用中の年金資産には特別法人税(1.173%)が毎年課税されますが、現在は課税凍結中ですので、実質的に非課税です。

給付時の優遇

・年金で受取る場合は公的年金等控除を適用
・一時金で受取る場合は退職所得課税を適用
いずれの場合でも、納税額が低く抑えられます。

まとめ運用益が非課税ということはとっても大きな制度の魅力
前へ
次へ