youtube fund_beginer fund_search fund_look



やさしい株式投資の話


第15章 リコールなど事件の本当の大きさは最初の情報や記事だけではわからない

 パロマ、リンナイ、TOTO、さかのぼればソニーのリチウム乾電池、松下のストーブ、三菱自動車のトラックなどリコールはあとを絶ちません。それ以外でもニチロ子会社での冷凍食品の回収など企業収益に悪影響を及ぼす問題はいろいろあります。

 しかし、不二家の期限切れ原料使用問題でも分かるとおり、初期段階のニュースではまさか経営陣が入れ替わるだけでなく、山崎製パンに傘下入りし、書き入れ時のバレンタインデー前の1月に発覚してから4月中旬に営業再開するまで3ヶ月という長期間営業不能になるとは予想できなかったと思います。

 つまり、バッドニュースがどの程度の規模のものかはにわかには判断できないのです。しかも、こういうパターンはこれこれといったメドはありません。そのたび、そのたびにひとつひとつ判断するしかないと思います。

 保有株の保有、売却判断は慎重にする必要があります。判断できずに大損することも、狼狽売りしてあとで後悔することも避けねばなりません。保有株についても買ったらそれであとは株価だけみていればという態度ではなく、日々ちょっとした時間でいいのですから、勉強(情報入手)しておきましょう。

前へ

次へ