youtube fund_beginer fund_search fund_look



やさしい株式投資の話


第22章 信用の投げへの対処の仕方は?

 自分がなかなかみどころがあると思っていた株が、6ヵ月近く前に高値をつけ、その後鳴かず飛ばずの株価の推移となっているとします。そして、この株が、証券取引所の定めた基準を満たす制度信用銘柄(6ヵ月以内に決済が必要)の場合、利食いのチャンスが無かった信用買いの(高値)期日売りが期日直前になるとバラバラと出てきます。

 一見すると、さらに下値を模索する展開にも思えますが、特段の悪材料がなく、マーケットの地合いも悪くなければ、買いの方針をたてるのも一考です。もちろん、少なくともチャートは参考にし、ここからの下げが限定的だと思えれば、とりあえず打診買いを入れてみるのです。

 悪材料が無いのに下げてきたのは信用期日が迫り、強制的に反対売買をさせられている、つまり高いところで買った人が、お金を付けて(実際に付いているわけではありませんが)どうぞ買ってくださいといっているようなものです。

 どこまで下がるか分からないと思って怖くなり、投資を見送った直後に上昇に転じた、という経験はありませんか? 冷静に判断し、その声が聞こえたら、そっと、しっかり買っておくという作戦です。

前へ

次へ