文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

用語集

ア行カ行サ行タ行ナ行ハ行マ行ヤ行ラ行 | ワ行

[ ラ行 ]

ライフサイクルファンド
 運用期間の長短に応じて資産配分の比率を変更し、運用期間に見合ったリスク・リターンの関係を実現できるよう制度設計されたファンド(投資信託)のことを言います。
レコードキーピング
 運営管理機関が行う業務のうち、「記録関連業務」に関するものをレコードキーピングと言います。具体的な業務内容としては、加入者に関する各種の記録の管理・保存、運用指図の取りまとめ、給付の裁定請求等があげられます。
連合設立
 厚生年金基金の設立形態の1つで、主力企業を中心にして(主力企業が参加しないこともあります)株式の持ち合い等の連携性がある企業が共同で設立する場合や企業グループが集まり設立する場合をいいます。設立に必要な人員規模は、主力企業が参加する場合が800人以上、主力企業が参加しない場合が2,000人以上となります。
老齢給付金
 確定拠出年金制度で定められている給付の一種です。加入者であった人(個人別管理資産がある人で障害給付を受給している人を除く)で、年齢と通算加入期間の条件を満たしていれば、裁定請求に基づき支給されます。老齢給付金は年金として支給するのが原則ですが、規約に定めるところによりその全部又は一部を一時金として支給することもできます。
老齢基礎年金
 65歳以上で公的年金制度に原則として25年以上加入していれば、支給される年金です。年金額は40年加入した場合が満額となり(加入可能年数を満たしていれば40年未満の加入年数でも満額支給されます)、加入年数がそれに満たない場合は、その期間に応じて減額されます。
老齢厚生年金
 厚生年金に加入している原則として65歳以上の人で、老齢基礎年金の加入期間(25年)を満たしている場合に老齢基礎年金に上乗せして支給される年金です。また、厚生年金の加入期間が20年以上(生年月日によっては15年から19年)ある場合、その人に生計を維持されている65歳未満の配偶者、または18歳未満(18歳に達した日以降、最初の3月末まで)の子、20歳未満で1級・2級の障害の子がいれば、その人の年金に加給年金額が加算されます。

ページの先頭へ戻る