fund_beginer fund_search fund_look

株式ニュース



<話題>割安感のある2ケタ増収・最終増益予想銘柄に注目

2015-11-27 16:30:00.0

(01/18 15:00) 現在値
中部飼料 2,365 -76
ラサ商事 991 -8
ノリタケカンパニーリミテド 5,770 -190
京都機械工具 2,088 +13
ウエスコホールディングス 405 -

 3月期決算企業の中間期決算発表が終わり、足元ではやや材料不足感がある。直近の日経平均株価も心理的なフシ目である2万円を前に上値が重い。ただ、年末に向けての株高期待は根強い。そこで、今期2ケタの増収・最終増益見込みで、株価指標面に割安感のある銘柄をマークしたい。年末高期待が強まるなかで、関心を集める可能性がある。以下に挙げたのは、東証1部・2部のなかで、今期2ケタの増収・最終増益見込みで、PER15倍以下、PBR1倍割れの条件を満たす主な銘柄である。

 中部飼料<2053>、ラサ商事<3023>、ノリタケ<5331>、
 KTC<5966>、ウエスコHD<6091>、ヒラノテク<6245>、
 オルガノ<6368>、キョウデン<6881>、内海造船<7018>、
 ヤギ<7460>、ダイトエレク<7609>、みちのく銀行<8350>、
 明和地所<8869>、サンヨーナゴヤ<8904>、インテリックス<8940>、
 誠建設<8995>、ビケンテクノ<9791>、イノテック<9880>、
 杉本商事<9932>

 ◎インテリックスは5月期、ウエスコHDは7月期、サンヨーナゴヤは8月期、ダイトエレクは12月期。その他は3月期。

提供:モーニングスター社

今、見られている記事