fund_beginer fund_search fund_look

株式ニュース



キユーピーが反落、SMBC日興証は経営の質的転換は株価のカタリストとコメント

2015-11-27 17:32:00.0

(07/17 15:00) 現在値
キユーピー 2,995 +102

 キユーピー<2809>が反落。SMBC日興証券では26日付で、投資判断「1」(アウトパフォーム)を継続、目標株価は3260円から3670円に引き上げている。

 同証券カバレッジ食品株の平均株価上昇を目標株価算出モデルに反映させ、目標株価は3670円に引き上げられている。同証券業績予想に変更はないものの、来年1月に発表されるであろう16年11月期−18年11月期の中期計画では、これまで以上にROE(株主資本利益率)を意識した経営を推進する姿勢が明確になると予想。

 また、業績好調ななかでの経営の質的転換は株価のカタリストであるとコメントしている。国内の調味料などの基本事業をキャッシュカウ事業としながら、海外事業の依存度を高めることなどによって、収益拡大が可能になると同証券は予想。さらに、南通の工場では、現在日本から輸出しているマヨネーズ用の酢の生産も開始する予定とされ、次期中期計画期間中にコスト削減効果も表面化することを見込んでいる。

 27日の終値は、前日比23円安の2997円。
提供:モーニングスター社

今、見られている記事