youtube fund_beginer fund_search fund_look

株式ニュース



<話題>好取組銘柄をマーク、戻り相場に備える

2016/02/26 16:32

(05/18 15:00) 現在値
NECネッツエスアイ 1,749 -11
東亞合成 1,198 +15
島精機製作所 2,239 +87
エクセディ 1,583 +47
河合楽器製作所 3,850 +90

 割安感のある好取組銘柄をマークしたい。26日の日経平均は前日比48円07銭高の1万6188円41銭と続伸したが、朝方に330円超幅まで買われたあと、伸び悩んだ。2月中旬からの1万6000円近辺でのもみ合い基調から上放れたとは言い難い。26−27日のG20(20カ国・地域)財務相・中央銀行総裁会議から3月中旬の日米の金融政策決定会合にかけて重要イベントが続くため、目先は、方向感の出づらい地合いが継続する可能性がある。ただ、イベントをこなしながら落ち着きが広がり、3月末にかけて、期末配当取りも含めて戻り歩調が強まると見込まれる。好取組銘柄は、その際に注目を集めそうだ。以下に挙げたのは、「信用倍率1倍割れ」「今期最終利益が2ケタ増以上を予想」「PER14倍以下・PBR1倍割れ」「25日線からマイナスカイ離」を満たすおもな東証1部銘柄である。

 NESIC<1973>、東合成<4045>、島精機<6222>、
 エクセディ<7278>、河合楽器<7952>、エネクス<8133>、
 筑波銀行<8338>、東邦銀行<8346>、みちのく銀行<8350>、
 大垣銀行<8361>、福井銀行<8362>、滋賀銀行<8366>、
 南都銀行<8367>、百五銀行<8368>、紀陽銀行<8370>、
 百十四銀行<8386>、琉球銀行<8399>、中京銀行<8530>、
 穴吹興産<8928>、日テレHD<9404>、テレ東HD<9413>

◎穴吹興産は6月期、東合成は12月期。他は3月期。

提供:モーニングスター社