fund_beginer fund_search fund_look



中国ファンド「OD05」に異変、日本株を大量売却か、トヨタなどの大株主から消える

2013/11/15 19:08

(04/22 13:56) 現在値
東レ 786.2 -0.3
日本製鉄 2,037 +1
小松製作所 2,837.5 +1
日立製作所 3,647 +2
日本電気 3,720 -10

 日本企業の大株主として知られる、中国の政府系ファンド「OD05オムニバス」の投資行動に異変が生じている。各社が提出した第2四半期(7−9月)報告書で、大株主リストからOD05の名前が消えているケースが相次いでいる。

 9月末時点で、上位10株主の中からOD05の名前がなくなった企業は、トヨタ自動車<7203>やホンダ<7267>、NTTドコモ<9437>、パナソニック<6752>、新日鉄住金<5401>、JR東日本<9020>など多数。また、保有が確認されたものでも、OD05の持ち株数は日立製作所<6501>の場合で3月末時点の1億2480万株(保有比率2.6%)から5903万株(同1.2%)に、ソフトバンク<9984>で2112万株(同約1.8%)から998万株(同0.8%)に大きく減少した。

 OD05はこのほか、従来10位以内の大株主になっていた三井不動産<8801>、東レ<3402>、コマツ<6301>、NEC<6701>などを9月までに処分している。一方、富士重工業<7270>については、9月末時点で1402万株(出資比率約1.8%)と、3月末の1338万株(同1.7%)から買い増したことがわかった。

 中国政府系ファンドが保有株を売却したのか、あるいは別名義の口座に移行したのかはわかっていない。3月末時点では、OD05名義で少なくとも4兆2000億円あまりの日本株を保有していた。

提供:モーニングスター社

今、見られている記事