fund_beginer fund_search fund_look



メディシノバが続伸、非アルコール性脂肪肝炎治療剤の前臨床試験での良好な結果を材料視

2014-01-15 12:55:00.0

(03/22 15:00) 現在値
メディシノバ・インク 935 -10

 創薬ベンチャーのメディシノバ<4875>が続伸し、一時31円高の284円まで買われている。14日引け後、同社が開発中の非アルコール性脂肪肝炎治療剤「MN−001」について、マウスを対象とした前臨床試験で良好な結果が得られたと発表、材料視された。

 同試験では、ヒト非アルコール性脂肪肝炎に類似した病態進行を短期間で発症することを特徴とするマウスを対象に3種類の異なる薬用量を3週間投与。肝臓組織染色検査では、肝臓の線維化領域の軽減、非アルコール性脂肪肝炎スコアの改善、肝実質細胞の死スコアの改善などが確認され、いずれも統計学的に有意な改善がみられたとしている。

 同社では、今回の結果を踏まえ、「MN−001」の非アルコール性脂肪肝炎を適応とする第2相臨床治験に向け準備を進める方針。

 午後零時52分時点の株価は、前日比12円高の265円。
提供:モーニングスター社

今、見られている記事