youtube fund_beginer fund_search fund_look



23日の東京株式市場見通し=手掛かり材料難のなか、為替相場にらみの展開となりそう

2014/01/23 08:12

(01/20 15:00) 現在値
日本電産 14,100 -120
ソニー 10,590 -15
トヨタ自動車 7,686 -22

 予想レンジ:1万5700円−1万5950円(22日終値1万5820円96銭)

 23日の東京株式は、手掛かり材料難のなか、為替相場にらみの展開となるとみられる。為替相場は、ドル・円が1ドル=104円台半ば(22日終値104円36−38銭)、ユーロ・円は1ユーロ=141円台半ば(同141円35−39銭)とやや円安にある。輸出関連株を中心とした主力株は買い先行でスタートとなりそう。その後は、きのうに続き為替動向に神経質な展開となることも予想される。一方、個別株への物色意欲はおう盛で、短期的な値幅取りを狙い「強いものにつく」展開が継続されそう。米国株式市場のADR(米国預託証券)銘柄では、ソニー<6758>、トヨタ<7203>、日電産<6594>が高かった。米シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、大証終値比45円高の1万5875円。(高橋克己)

23日の主な経済指標・スケジュール
【国内】
・20年国債入札
・東京都知事選告示(2月9日投開票)

【海外】(時間は日本時間)
・10:45 中国1月HSBC製造業PMI
・23:00 米11月FHFA住宅価格指数
・米10年インフレ連動国債入札
・決算発表=マクドナルド、マイクロソフト、インテューイティブ・サージカル、スターバックス

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社