youtube fund_beginer fund_search fund_look



カシオ、主力の腕時計が好調に推移、電子辞書も好調

2014/04/08 07:30

(04/09 15:00) 現在値
カシオ計算機 2,124 +37

 カシオ計算機<6952>は電子辞書、電波時計、電子楽器、電子文具、携帯電話、プロジェクターなどで、他社に先駆けた独創的な技術を取り込むことで、多くのヒット製品を産み出している。特に、腕時計の「G−SHOCK(Gショック)」は世界的なブランドとして浸透している。

 14年3月期第3四半期(13年4−12月)の連結経常利益は前年同期比37.4%増の169億3600万円。「Gショックを軸に主力の腕時計が好調に推移。北米やアセアンで流通網が広がったことも大きい」(広報部)という。国内でも時計が堅調に推移し、シェア50%以上の電子辞書の売れ行きも好調に推移している。電子辞書については3月にインドネシアでの展開をスタート。中国などを含め市場開拓を本格化させていく見通しだ。

 14年3月期予想の連結経常利益は前期比21.8%増の240億円。5月7日に期末決算発表とアナリスト向け説明会を予定している。

 指標面に割安感はないが、直近1カ月間のパフォーマンス比較では、日経平均株価を上回り、移動平均線では前週、25日・75日の両線のゴールデンクロス(GC)を達成するなど買いが優勢の展開。下方硬直性の高さから、自律反発の動きが期待できそうだ。

 7日の終値は、前週末比7円安の1228円。
提供:モーニングスター社