fund_beginer fund_search fund_look

新興国ニュース



<新興国eye>国営テレコムニカシ・インドネシア、来年4000億円投資へ

2014/10/20 11:09

 インドネシアの国営通信最大手テレコムニカシ・インドネシアのアリフ・ヤーヤ社長は先週、来年の設備投資額を今年の3倍に相当する45兆ルピア(約4000億円)に拡大する。政府の5カ年ブロードバンド推進計画「インドネシア・ブロードバンド計画(RPI)」に呼応する形で、デジタル通信ネットワークの整備を促進するため。ジャカルタ・ポスト(電子版)が16日に伝えた。

 投資額の主な使途は、全体の30%が通信ケーブルや光ファイバー網や通信衛星に、50%が無線LAN「Wi−Fi(ワイファイ)」に、残りの20%が通信と放送などデジタル技術のコンバージェンス(融合)に使われるという。

 RPIでは政府は14−19年の5年間でブロードバンドの普及率を人口の30%(都市部は70%)にする計画で、総投資額は278兆ルピア(約2.5兆円)で、国家予算で賄われるとしている。

<関連銘柄>
iシェアーズ エマージング株ETF(MSCIエマージングIMI)<1582>
NEXT NOTES STOXX アセアン好配当50(円、ネットリターン)ETN<2043>

提供:モーニングスター社