fund_beginer fund_search fund_look

株式ニュース



ファーストリテが5日続急落、16年8月期業績予想の下方修正を嫌気

2016/01/08 13:02

(12/13 15:00) 現在値
ファーストリテイリング 67,280 +2,830

 ファーストリテイリング<9983>が5日続急落し、一時2870円安の3万6180円まで売られている。7日引け後、16年8月期の連結業績(IFRS)予想を下方修正し、嫌気された。

 通期業績予想で、売上収益を1兆9000億円から1兆8000億円(前期比7.0%増)へ、営業利益を2000億円から1800億円(同9.4%増)へ、純利益を1150億円から1100億円(前期とほぼ変わらず)に引き下げた。16年2月期第1四半期(15年9−11月)までの実績と足元の状況を織り込み、業績修正に進んだ。

 16年2月期第1四半期の決算は、売上収益5203億300万円(前年同期比8.5%増)、営業利益759億2100万円(同16.9%減)、純利益480億2400万円(同30.2%減)だった。国内ユニクロ事業は、売上収益2309億円(同0.7%減)、営業利益448億円(同12.4%減)だった。9−10月は、カシミヤセーター、メリノセーター、ガウチョパンツ、ワイドパンツなどの秋冬商品の出足が好調で、既存店売上高は増収を確保した。ただ、11月の既存店売上高は、気温が例年に比べ極めて高く推移し、冬物実需商品の販売が苦戦し、大幅な減収となったことなどが響いた。

 午後1時2分時点の株価は、前日比1400円安の3万7650円。
提供:モーニングスター社