youtube fund_beginer fund_search fund_look

東芝が連日で昨年来安値、16年3月期業績予想を下方修正、売りに押される

2016/02/05 13:26

(10/22 15:00) 現在値
東芝 4,825 -35

 東芝<6502>が続急落。一時28.4円安の170.1円まで売られ、連日で昨年来安値を更新した。4日引け後、16年3月期の連結業績予想(米国会計基準)を下方修正し、売りに押された。

 通期業績予想で、売上高は6兆2000億円(前期比6.8%減)を据え置いたが、営業赤字を3400億円から4300億円(前期は1704億3900万円の黒字)、最終赤字を5500億円から7100億円(同378億2500万円の赤字)に引き下げた。電力・社会インフラ部門において、採算を精査した結果、送変電・配電システム事業を主体として損失の引き当てを計上。電子デバイス部門では、在庫の処分や評価減による損失の計上、売価ダウンによる影響などを織り込んだ。また、ライフスタイル部門においてパソコン関係の海外現地法人の清算費用や在庫処分費用などの構造改革費の積み増しなども影響する。

 16年3月期第3四半期(15年4−12月)決算は、売上高が4兆4216億9800万円(前年同期比6.4%減)、営業損益は2295億700万円の赤字(前年同期は2017億7400万円の黒字)、最終損益は4794億3500万円の赤字(同1072億1600万円の黒字)だった。

 午後1時26分時点の株価は、前日比23.6円安の174.9円。
提供:モーニングスター社