fund_beginer fund_search fund_look

株式ニュース



日写印が急反落し昨年来安値、ユーロ円建取得条項付転換社債の発行で1株利益の希薄化を警戒

2016/02/19 13:03

(04/03 15:00) 現在値
NISSHA 633 -15

 日本写真印刷<7915>が急反落。一時404円安の1660円まで売られ、15年1月16日に付けた昨年来安値1753円を大きく更新している。18日引け後、2021年満期ユーロ円建取得条項付転換社債200億円を発行すると発表。転換価額が1株2209円に決定し、発行済み株式数に対する潜在株式比率は21.1%となることから、1株利益の希薄化を警戒する動きとなった。

 調達した資金は、昨年8月に実施したAR Metallizingグループの買収・子会社化の際に行った短期借入金の返済に120億円を充てる。残額は、第5次中期経営計画期間中に実施予定のM&A関連資金に充当する計画。

 午後1時2分時点の株価は、前日比384円安の1680円。
提供:モーニングスター社