fund_beginer fund_search fund_look



みずほ銀行SMART FOLIO、テクノロジー駆使のポートフォリオ提案で資産運用時代切り開く(下)

2016/03/07 12:02

 みずほ銀行の「SMART FOLIO(スマートフォリオ)」の開発の狙いと展望について、同ツールの開発を支援したモーニングスター代表取締役社長の朝倉智也が、みずほ銀行コンサルティング営業開発部部長の山田喜嗣氏に聞いた。

 (上)からつづく

――「SMART FOLIO」の今後を、どのように展望されていますか?

 アメリカで主流の「ロボ・アドバイザー」の収益モデルは、投資一任サービスにつなげてアドバイザリーフィー(手数料)を得るものですが、当行では、日本ならでは、みずほならではのサービスを実現したいと考えています。対面相談との連携や、コールセンターなどの有人リソースを活用したアフターフォローなど、総合的な投資アドバイスのサービスにつなげていくことを考えていきます。

 「SMART FOLIO」は、平日に銀行に来店することが難しい資産形成層や、コスト意識の高い投資家層にご利用いただくツールですが、この利用をきっかけとして対面での相談(コンサルティング)への橋渡しもできると思います。

 ――資産形成をサポートしていくためには、投資を実施したあとのモニターやフォローが大切になると思いますが、その取り組みは?

 店頭であれば、マーケットの変動に合わせてご連絡をし、提案したポートフォリオの見直し、また、追加購入などのご相談に対応しています。ネットでも、これは可能だと考えています。たとえば、お客さまが設定したゴールに向け、現状がどうなっているのか、情報提供を行う予定です。日常的に使っていただいている画面の中に、運用状況に関する情報も提供していきます。

 ――御行では、いち早くタブレット端末を全行員に配布して営業現場で活用を始め、また、コールセンターではAIを使ったサービス開発を進めるなど、先進的な取り組みをしています。御行の販売チャネル戦略として、今後、強化・拡充するポイントは?

 行員全員へ配布しているiPadに、今年1月から「SMART FOLIO」のアプリを導入し、店頭での運用を開始しました。店頭や渉外の担当者にはwebサービス以上に付加価値のあるコンサルティング力が求められていると思います。アプリでは店頭で販売しているファンドを活用したポートフォリオの提案ができます。「SMART FOLIO」の提案をベースに、担当者がお客さまのご希望やマーケット情報を補うことで、より最適なポートフォリオ提案が可能になります。

 このようなアプリにより、担当者の経験・知識レベルの差に影響を受けない中立的な提案を目指しています。iPadを全員で持てたということがステップアップのきっかけになっています。今後も「SMART FOLIO」のような機能を追加し、持っているものをより活用できる状態にもっていきたいと考えています。

 また、いち早くタブレット端末を全行員に配置、「SMART FOLIO」の提供したことなどの先行者メリットは形にしていきたいと思っています。ネット・サービスは、利用者の行動、足どりが分かりますので、アクセスした人が途中で離脱した情報や、どのような経過で購入したなどといった情報が蓄積できるメリットがあります。このようなデータを蓄積し、分析することによって、よりお客さまニーズに適ったサービスの開発につなげていきたいと思っています。

――まさに、ビッグデータの活用ですね。オンライン取引での強化ポイントは?

 将来的には、人工知能等の最新テクノロジーを活用し、提案を高度化することも検討しています。また、お客さまの多様な資産運用ニーズに応じた教育コンテンツやセミナーなど、インターネット上のコンテンツを拡充し、お客さまの金融・投資リテラシー向上に役立つサービスを充実させていきます。

 このようなオンラインサービスの拡充は、オンラインだけで完結するものではありません。オンラインサービスの拡充に合わせ、営業職員の教育プログラムも強化し、お客さまの投資ゴールの実現に向けた最高水準のコンサルティングサービスを提供できるよう、組織的な人材育成の高度化に努めます。システムがいくら進化しても、人が直接応対することは決してなくなりません。

 運用の世界を取り巻く環境は、激しく変化しています。マイナス金利という想定されなかった事態が現実になったように、さまざまな角度で変化があります。このような変化に即座に対応し、お客さまと向き合う相談相手として信頼を得ていくには、サービスの付加価値を継続的に向上させていくことが必要です。「SMART FOLIO」は、より多くの方々にご利用いただきたい、率直なご要望をいただきたいと思っています。そのご要望にお応えし、サービスのレベルアップにつなげていきます。
提供:モーニングスター社

今、見られている記事