youtube fund_beginer fund_search fund_look

株式ニュース



四国電力に堅調、伊方原発1号機を廃炉

2016/03/25 13:18

(03/08 15:00) 現在値
太平電業 2,736 -19
太平洋セメント 2,712 +19
東邦亜鉛 2,293 +23
DOWAホールディングス 4,345 +90
日立造船 864 +13

 四国電力<9507>が堅調、一時47円高の1502円まで買われている。同社は25日、伊方原子力発電所1号機(愛媛県)を廃炉にすると発表した。

 伊方原発1号機は17年9月に営業運転開始から40年となる。国のルールで原発の運転期間は原則40年と定められており、同社は新規制基準適合による40年超運転を検討してきたが各種安全対策工事の技術的成立性や工事費用などを検討した結果、運転期間延長認可申請を行わないことを決定した。

<廃炉関連銘柄>
 三菱重工<7011>(1号機の加圧水型軽水炉を製造)、
 太平洋セメ<5233>(廃炉にコンクリートが必要)、
 東邦鉛<5707>(放射能物質封じ込めに大量の鉛が必要)、
 DOWA<5714>(廃棄物処理で実績)、
 興研<7963>(特殊マスク)、
 宇徳<9358>(核燃料輸送)、
 日立造<7004>(使用済み核燃料の専用貯蔵容器)、
 バルカー<7995>(冷却システムを手掛け廃炉作業にかかわる)、
 太平電業<1968>(東海村原発の廃炉で機器取り外し)

提供:モーニングスター社