fund_beginer fund_search fund_look

株式ニュース



ファーストリテが続急落し連日で年初来安値、利益予想と配当予想の引き下げを嫌気

2016/04/08 12:55

(04/03 15:00) 現在値
ファーストリテイリング 41,570 +630

 ファーストリティリング<9983>が8日続急落。一時3830円安の2万6660円まで売られ、連日で年初来安値を更新した。7日引け後、16年8月期の連結利益予想(IFRS)を下方修正と期末配当予想の引き下げを発表、嫌気された。

 通期業績予想で、売上収益は1兆8000億円(前期比7.0%増)を据え置いたが、営業利益を1800億円から1200億円(同27.0%減)へ、純利益を1100億円から600億円(同45.5%減)に引き下げた。国内ユニクロ事業および海外ユニクロ事業の営業利益が計画を下回り大幅な減益となったことや、第3四半期(3−5月)以降の、国内ユニクロ事業および海外ユニクロ事業の営業利益予想を引き下げたこと、第3四半期以降の予想にJ Brand事業の減損損失および、国内・海外ユニクロ事業の店舗減損損失で合計210億円を見込んだことなどを織り込んだ。

 同時に、8月期末配当予想を従来の1株あたり185円から165円(前期実績175円)に引き下げた。中間期(15年9月−16年2月)配当185円(同175円)と合わせ、年間配当は350円(同350円)となる見込み。

 中間期決算は、売上収益1兆116億5300万円(前年同期比6.5%増)、営業利益993億4100万円(同33.8%減)、純利益470億4300万円(同55.1%減)だった。

 午後零時55分時点の株価は、前日比3830円安の2万6660円。
提供:モーニングスター社