fund_beginer fund_search fund_look



日本ラッド、AIを活用した映像解析インデックスシステムでベータ版を開発

2016-05-30 07:31:00.0

(11/24 15:00) 現在値
日本ラッド 1,245 +84

 日本ラッド<4736>が27日、AI(人工知能)を活用した映像解析インデックスシステム「vAnalyzer(ブイアナライザー)」のベータ版を6月1日にリリースすると発表した。

 同社では、映像の高度化・高精細化とも相まりコンテンツ数、データ量は肥大化する一方だが、監視カメラなどの映像記録では、後発的に内容を検索したり特定の事象を確定する事が益々困難になっており、人力での監視・確認作業への負担が増大していると指摘。今回開発したシステムでは、AIを構成する基礎技術の1つである機械学習アルゴリズムを活用した映像ファイルの自動分析を行う事で、特定時点(何時何分何秒)の場面に、何が映っているかを自動的にラベル付けしてインデックス(目次)を作成。これにより、極めて高い映像検索性を実現し大幅な省時間・省力化を可能にするという。

 27日の株価は、前日比84円高の609円ザラバ引け。
提供:モーニングスター社

今、見られている記事