fund_beginer fund_search fund_look



10日の東京株式市場見通し=急落した反動で大幅反発となろう

2016/11/10 08:02

(01/21 15:00) 現在値
テルモ 3,938 -36
楽天 924 -11
リクルートホールディングス 4,187 -19
小松製作所 2,646.5 -12.5
パナソニック 1,105 -8.5

 予想レンジ:1万6500円−1万7400円(9日終値1万6251円54銭)

 10日の東京株式は、きのう9日に急落した反動から大幅反発となろう。NYダウが3日続伸したことを受け、9日の米シカゴ市場日経平均先物の円建て清算値は、9日の大阪取引所終値比965円高の1万7215円だった。株価指数先物を中心に、同清算値にサヤ寄せする動きが先行するとみられる。為替相場は、ドル・円が1ドル=105円台の半ば(9日終値103円32−35銭)、ユーロ・円が1ユーロ=115円台の前半(同114円86−90銭)と円安に振れていることも、輸出関連株には追い風となりそう。ただ、買い一巡後は、次期米大統領に決まったトランプ氏の政策内容や、米国株式の動きなどを見たいとして、様子見気分が広がることも想定される。9日のADR(米国預託証券)銘柄は、円換算値でコマツ<6301>、パナソニック<6752>、キヤノン<7751>などを中心に、9日の東京終値に比べ全面高だった。(高橋克己)

10日の主な経済指標・スケジュール
【国内】
・ 8:50 9月機械受注、10月マネーストック、週間の対外対内証券売買契約
・11:00 10月都心オフィス空室率
・15:00 10月工作機械受注
・10月31日−11月1日開催の日銀金融政策決定会合「主な意見」
・30年国債入札
・インドのモディ首相が来日
・エルニーニョ監視速報
・決算発表=テルモ<4543>、楽天<4755>、リクルートHD<6098>、東急<9005>、近鉄GHD<9041>など

【海外】(時間は日本時間)
・22:30 米週間の新規失業保険申請件数
・NZ準備銀行金融政策決定会合
・米30年国債入札
・決算発表=メーシーズ、コールズ、ラルフローレン、ウォルト・ディズニー、ノードストロム

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社