fund_beginer fund_search fund_look



住友商、ミャンマーで動物薬の販売に関する販売代理店契約を締結

2017-10-19 07:35:00.0

(11/24 15:00) 現在値
住友商事 1,667 +0.5

 住友商事<8053>は18日、中国住友商事会社を通じ、ミャンマーの現地代理店であるKMT(Kan Myint)社と動物薬の販売に関する販売代理店契約を締結したと発表した。

 今回の契約で17年内を目標に、同社が出資する中国動物薬メーカーのシンダー社の畜産向け動物薬の販売を開始する。同社では、今後、ミャンマーの動物薬市場は、畜産農家の大規模化や交通・物流網の整備が進み、地場の畜産業が伸長するともに、拡大してくと予想。現在、ミャンマーにおける動物薬の市場規模は約50−60億円と推定されるが、今後7−10年で100億円規模になると見込まれているという。

 18日終値は、前日比3円安の1599.5円。
提供:モーニングスター社

今、見られている記事