fund_beginer fund_search fund_look



<特集>掉尾の一振、今年はこの銘柄で(1)=過去10年、12月の日経平均株価は7勝3敗の好成績

2017/12/22 18:05

 12月に入り足踏みが続いているものの、2017年の東京株式市場では日経平均株価が2万3000円台まで上昇、26年ぶりの高値水準を回復した。16年の大納会1万9114円から2万3000円までは約2割の上昇。満足の行く成果を挙げた投資家は多いに違いない。

 今年も残り5営業日となったが、過去10年間の12月相場を振り返ると7勝3敗、平均上昇率も3%を超えるなど、成績がいい。年末接近に伴い、個別銘柄の動きの良さが目立ってきた。掉尾の一振の流れに乗りたい。

提供:モーニングスター社