fund_beginer fund_search fund_look



<米国株情報>米ゼネラル・ミルズ、米ペットフードのブルー・バッファローを80億ドルで買収合意

2018/02/26 10:15

 米食品大手ゼネラル・ミルズ<GIS>は前週末、ペットフード市場に再参入するため、米自然食ペットフード大手ブルー・バッファローを1株当たり40ドル、総額80億ドル(約8600億円)で買収することで合意したことを明らかにした。

 1株当たり40ドルの買収額はブルー・バッファローの22日終値に対し17.2%のプレミアム(上乗せ額)となる。買収は18年度末(18年5月末)に完了する予定。買収後の業績への影響について、ゼネラル・ミルズは20年度(19年6月−20年5月)から1株当たり利益が増えるとしている。

 ゼネラル・ミルズは1950年代に犬や猫、小鳥などのペットフードを販売しており、それ以来のペットフード市場再参入となる。最近では米同業大手JMスマッカーも15年に米ペットフード大手ビッグ・ハート・ペット・ブランズを60億ドルで買収している。

 また、ゼネラル・ミルズは3年連続で売り上げが減少していることから、消費者の自然食品志向に着目して、企業買収による食品事業の多様化を進めている。ブルー・バッファローも02年の創業後、人工的な着色剤を使用せず果物や野菜の自然食を取り入れたペットフードに特化することで急成長している。ゼネラル・ミルズは、「米国のペットフード市場は300億ドルで年間3−4%増と、着実に成長しており、魅力的な市場だ」としている。米国の自然食ペットフード市場は全体の12%で、ブルー・バッファローは同業界では最大手として知られ、17年度の売上高は前年比11%増の12億7500万ドル、調整後EBITDA(利払い・税・償却前利益)は3億1900万ドルとなっている。

<関連銘柄>
 NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信<1546>
 上場インデックスファンド米国株式(S&P500)<1547>

提供:モーニングスター社

今、見られている記事